愛知県立国府高等学校

 平成28年度 「歴史の中の自己」講演会
 6月7日(火)本校17回卒業生、武田能行氏をお招きし、『防災についての経験から皆さんにお伝えしたいこと』と題して、御講演をいただきました。
 自衛隊在職中の1995年1月に発生した阪神・淡路大震災の折、京都府福知山の陸上自衛隊駐屯地から、自主的に部隊を派遣し、人命救助活動を行い、多くの命を救った体験談を、当時の写真を交えてお話しをていただきました。在校生は、この震災を経験していませんが、10月に2年生が修学旅行で行う神戸散策学習の参考になる貴重な話を聞くことができました。