愛知県立国府高等学校

 愛知県立国府高等学校 校歌 DTMは豊橋市在住の山口修史さんによるものです。


作詞 丸山  薫
作曲 山田昌弘
  
一、 若人の歌にさかえよ                      わこうどのうたにさかえよ
             穂の国のひろき裾原                    ほのくにのひろきすそはら
    みどり映ゆまなびの園に                   みどりはゆまなびのそのに
    湧きて汲む真理の泉                     わきてくむしんりのいずみ
    いざ三年 三年をきそい                    いざみとせ みとせをきそい
    育みゆかん自由われら                     はぐくみゆかんじゆうわれら
             国府よ 国府なるわが母校                 こうよ こうなるわがぼこう

二、 撞く鐘に揺りて匂えよ                     つくかねにゆりてにおえよ
             ふるさとの花ある歴史                    ふるさとのはなあるれきし
    昧爽染むる時代の幸に                    あけそむるじだいのさちに
    きらめくは倫理の新星                     きらめくはりんりのしんせい
    ああ 仰ぎ 仰ぎて友と                    ああ あおぎ あおぎてともと
    打ち建てゆかん慧智日本                   うちたてゆかんええちにっぽん
             国府よ 国府なるわが母校                 こうよ こうなるわがぼこう


 愛知県立国府高等学校 応援歌

作詞 中島力蔵
作曲 不詳

一、 そびゆるポプラ靡く草           二、 輝く紅葉宮路山
    自由の風を若人が               燃えゆる理想を若人が
    求めてここに千五百              仰ぎてここに千五百
    一度起てば電撃の              断じて進むしゃく熱の
    石火に支う敵もなし               意気に屈せぬ者あらん
    石火に支う敵もなし               意気に屈せぬものあらん
         奮え国府フレー国府               奮え国府フレー国府
         フレーフレー国府               フレーフレー国府

三、 はるかに望む渥美湾
    穂の原十里若人が
    誓って励む千五百
    三河文化の伝統を
    負う烈々の意気高し
    負う烈々の意気高し
         奮え国府フレー国府
         フレーフレー国府

 高等女学校 校歌

作詞 中島力蔵
作曲 小松耕輔

一、 朝日輝き 夕日輝る           ニ、 渥美片濱十三里
    三河の穂の原古府の里            潮豊けし三河湾
    緑の松と操は固く                漣清くささやきよせて
    磨く鏡にいや新しき               仁慈溢るる海温かく
    光明るく楽し学び舎               汲めど尽きせぬ深き教訓ぞ

三、 峯の満天星深紅に燃え
    四方に眼も映ゆ宮路山
    高きは希望積み成す功業
    赤誠尽くしてただ飽くまでも
    永久に励まむ国府の乙女子