愛知県立国府高等学校

 校長挨拶


校長 恩田 やす恵

本校は,大正9年に宝飯郡高等女学校として開校し、本年度で創立97年目を迎えます。三河の国「国府」の名をいただく、東三河屈指の伝統を誇る高等学校として今日に至るまで地域の皆様の期待に応えてまいりました。既に卒業生は3万人を超えており,社会の柱石としてこの地域はもちろん、全国でまた世界で活躍しておられます。

本校の教育目標は,「聡く,美しく,たくましく」の三つの言葉に集約されます。「聡く」は聡明な知性を、「美しく」は人間としての高い品性を、「たくましく」は困難に屈しない強靱な心身を表しています。知・徳・体のバランスのとれた人間の育成をめざして,学習指導,生活指導,部活動指導等の充実に努めております。

また、「学学術 為当為」(学ぶ術を学び 当に為すべきを為す)の校訓を掲げています。本校で過ごす三年間は、単に知識の習得にとどまらず、広く学ぶ方法を学び、向上心や探究心に基づき、いかなる事態にも柔軟に対応できる幅広い力の育成を目指しています。その上で、高校生として今やるべきことを実践し、また様々なことに積極果敢に挑戦して、より高い自己実現を目指していこうと示しています。

今年は、各学年とも普通科7学級と商業科1学級で構成され,4月現在,952名の生徒が在籍しています。生徒諸君がこの校訓の下、教育目標の達成に向けて切磋琢磨しながらのびのびと学校生活を送っています。

このホームページを通して、本校の魅力を御理解いただければ幸甚です。